初めての医療脱毛クリニック

初めてでも安心!医療脱毛クリニックについて徹底解説

「医療脱毛クリニックで脱毛してみたいけど、脱毛サロンとどう違うの?」そう考える人も少なくないでしょう。脱毛サロンと医療脱毛クリニックは、脱毛という行為は同じでも、施術内容などが異なっています。

脱毛サロンと医療脱毛クリニックのどちらがいいのか?悩んでいる人でも簡単にその違いが分かるように、ここではいくつかの特徴をまとめています。

 

1.医療脱毛クリニックは「医療機関」

2.医療脱毛クリニックでの脱毛方法とアフターケアについて

3.完全無痛の脱毛も可能

4.男性のむだ毛でもしっかりと脱毛可能

5.医療脱毛クリニックと脱毛サロン、料金の違い

6.短期間でのVIO脱毛を望むなら、医療脱毛クリニックがおすすめ

1.医療脱毛クリニックは「医療機関」

 

医療という名称が付く通り、医療脱毛クリニックは「医療機関」です。施術には医師免許を持つドクター、看護師免許が必要になり、医療脱毛クリニックでは脱毛サロンではできないアフターケアが充実しています。

また、使用できるフラッシュも脱毛サロンとは異なるものになります。脱毛サロンのフラッシュは後半に拡散する分散型のフラッシュなのに対して、クリニックでのフラッシュは範囲を絞って照射する直線型になります。直線型のフラッシュなので、医療レーザー脱毛と呼ばれることもあります。フラッシュを直線にすることで、よりしっかりとメラニンにあてることが可能なため、脱毛での成果を、より確実に出すことができます。医療脱毛クリニックでは、フラッシュの強さを脱毛サロンの約3倍まで使用することが法律で可能とされています。

また、医療脱毛クリニックでは、美容電気針などを用いてニードル脱毛をしていることもあります。ニードル脱毛は毛穴の中に直接電気針を挿入し、毛母細胞と毛根の動き自体を焼いて止める方法になります。毛穴に1つ1つ入れていくものになるので時間はかかりますが、頬にある気になる1本を脱毛したり、男性の場合は喉仏周辺などの、すぐに何とかしたい部分の脱毛にも効果を出すことができます。ニードル脱毛は1回行った部分の発毛はほとんどないとされています。

 

 

 

2.医療脱毛クリニックでの脱毛方法とアフターケアについて

 

医療脱毛クリニックでの脱毛は、脱毛サロンよりも短期間で終わる場合がほとんどです。VIOの部位でも1ヶ月に1回の脱毛が可能であり、6回ならば半年で終わることも珍しくありません。これはクリニックのフラッシュが、発毛時期以外の毛根にも反応させることができるため可能となっています。

脱毛サロンでは2~3ヶ月に1度ペースの脱毛と比べると、クリニックの場合は効果も高い上に短期間で終わらせることが可能であり、VIOなどの特にむだ毛の太い部分は、クリニックでの脱毛を希望する人が非常に多くなっています。

また、クリニックでは希望することで自宅でのアフターケア用の抗炎症剤や、化膿止め、痛み止めなどを処方してもらうことができます。これはクリニックが医療機関だからこそ可能であり、肌に何らかの痛みや、やけどをした場合でもすぐに治療保証を受けることが可能です。肌荒れなどが気になる場合は、医療脱毛クリニックであれば医薬品を処方してもらえるという部分も、大きなメリットとなっています。

 

 

 

3.完全無痛の脱毛も可能

 

「医療脱毛クリニックでの脱毛は痛みが強い」この部分は今でも残っており、以前より痛みに弱い人は脱毛サロンを選ぶ傾向があります。クリニックのフラッシュはサロンよりも強さが3倍ほどあり、痛みに関してはどうしてもサロンより強く出てしまいます。特にVIOは痛みを感じやすい部分であり、個人差もありますが強い痛みを感じやすい部位です。ですが、クリニックは医療機関です。医療機関だからこそ麻酔が使用できる施設でもあります。笑気麻酔や塗布麻酔などを利用することで、痛みのない無痛脱毛を受けることも可能です。

痛みが気になる場合は、クリニックの体験脱毛を一度受けてみて、実際の施術での痛みを体験することをおすすめします。脱毛後に次回施術の際に、麻酔が必要かどうかを考えることもできるので体験脱毛は必ず受けるようにしましょう。

 

 

 

4.男性のむだ毛でもしっかりと脱毛可能

 

男性のむだ毛は女性よりも太く硬いことが多く、脱毛サロンのフラッシュではなかなか思うような脱毛効果や仕上がりにならないことも多いです。医療脱毛クリニックでは、フラッシュの強さもですがニードル脱毛なども併用することができるため、男性のむだ毛でもしっかりと脱毛の対応をすることが可能となっています。特にVIOなどの太く堅い部分部位を、短期間でしっかりとした脱毛効果を出すことができるのがクリニックと考えておいてもいいかもしれません。

また、現時点で「永久脱毛」を詠うができるのは、医療脱毛クリニックだけとなっており、脱毛サロンの脱毛も「脱毛」と詠ってはいますが、正しい呼称は「抑毛」となります。

 

 

 

5.医療脱毛クリニックと脱毛サロン、料金の違い

 

医療脱毛クリニックでの脱毛料金・価格は、一見すると脱毛サロンよりも高額です。同じようなコース・同じ回数でもクリニックのほうが高額なことがほとんどであり、低価格で終わらせるために脱毛サロンを選ぶという人も多いのではないでしょうか?ですが、クリニックの脱毛は効果が高く、サロンよりも短期間で終わることか可能です。6回ならば6ヶ月で終わることも多く、もう少し脱毛したい場合でも追加で回数分を購入するだけでOKです。

サロンよりも短期間での脱毛ができるだけではなく、最近ではクリニックでも回数無制限の部分脱毛コースなども可能になってきました。料金・価格を日割りにするとクリニックの脱毛はサロンよりも低料金に抑えることが可能であり、何年も通わなければいけないという事態も回避しやすいです。

料金でも最近はサロンと大差がなくなってきており、キャンペーンなどを利用することで価格をサロンと同じくらいに抑えることもできるようになりました。サロンでVIOなどの脱毛に納得いく仕上がりとならなかったため、クリニックで改めて脱毛を始めたというケースも多く、クリニックでの脱毛は、効果を考慮するとサロンよりも安いと考えることもできるでしょう。特に価格の差が出てくるのはワキなどの「脱毛しやすい場所」と「全身脱毛」になります。サロンとクリニックで使い分けをしているユーザーも多く、自分のむだ毛の太さや硬さ、濃さを見ながら選んでいくことで、より効果の高い脱毛が可能になります。

 

 

 

6.短期間でのVIO脱毛を望むなら医療脱毛クリニックがおすすめ

 

全身脱毛が人気の理由の一つに「VIOの脱毛」が入っていることがあります。脱毛サロンや医療脱毛クリニックによっては、全身脱毛にVIOが入っていないこともありますが、全身脱毛にVIOの脱毛が入っている場合はやはり人気が高くなっています。

VIOはむだ毛の太さや硬さがあり、表面に見える分の約3倍の毛根が皮膚の中に眠っているとされています。このことから、サロンでの2~3ヶ月に1度の脱毛では完了までに数年を使ってしまうことも多く、追加での脱毛を契約した場合、より高額になってしまうことも珍しくありません。その点、クリニックでは2週間~1ヶ月に1度の脱毛が可能であり、早めの仕上がりを目指すことができます。

VIOはできるだけ早く終わらせたい部位であり、クリニックでの脱毛がより確実性の高いものとなっています。半年前後でVIOの脱毛を完了させることができるのもクリニックのメリットであり、このことが人気にも繋がっています。

VIOはもちろんですが、クリニックではどの部位でもサロンより早く終わらせることが可能ですし、全身脱毛でも同じです。費用と時間を考えると医療脱毛クリニックの脱毛は決して高くなく、むしろ安いと捉えることもできるでしょう。